アドバイス

アドバイス

ドライアイ

ドライアイとは涙不足で目の表面が乾いた状態を指しますが、最近では涙を覆う粘膜の病気といわれています。 パソコンやスマートフォン等の画面の凝視で、まばたきをする回数が減ることで涙の量が少なくなったり、コンタクトレンズやエアコンの風で目の...
アドバイス

食物アレルギー③

食物アレルギーと向き合うために <代替の食品をみつける> 牛乳の代替品 豆乳・アーモンドミルク・ココナッツミルクなどが挙げられます。ヨーグルトやホイップクリームも豆乳から作られている食品もあります。 小麦粉の代替品 ...
アドバイス

食物アレルギーについて②

食物アレルギーと向き合うために <食品を購入する際は原材料を確認> 加工食品において特にアレルギーが発症しやすいものには「特定原材料」と呼ばれる7品目の表示が義務づけられています。特に包装されていない菓子やお惣菜といった小売店で売ら...
アドバイス

食物アレルギーについて

食物アレルギーとは、本来なら無害なはずの食物に対して身体が「有害なもの」と認識してしまい、身体が過剰に反応し様々な症状が起こる状態のことです。 症状としては蕁麻疹やかゆみ、場合によっては意識レベルの低下を引き起こすアナフィラキシーショ...
アドバイス

動脈硬化③「予防におすすめ栄養素」

予防におすすめの栄養素をご紹介します。 EPA・DHA EPAやDHAが含まれる食材は、中性脂肪やLDLコレステロールを下げる働きがあるといわれています。青魚(サバやいわし)に多く含まれているため、是非取り入れたい食材です。 ...
アドバイス

動脈硬化②

動脈硬化が起こると… 血中の過剰な中性脂肪や悪玉コレステロールが血管の内側にたまり、おかゆ状の「プラーク」を作ります。プラークができると血管が狭くなり、血流が悪くなります。 動脈硬化が進み、さらに血管が狭くなってしまうとプラーク...
アドバイス

動脈硬化について

動脈硬化とは、通常柔らかくしなやかな動脈が老化や生活習慣などの影響で弾力を失い血流が悪くなることです。 食生活の欧米化により、最近は若い方でも動脈硬化の方が増加しています。血圧の高めな方は、放置することで血管が固くなり、特に注意が必要...
アドバイス

量より質

10月に入りましたが、暑さも続き夏の疲れが出てくる時期です。 日本の夏は湿度が高いため体温の調節がしにくく、冷房の効いた室内と外気との寒暖差が大きくなっているため自律神経のバランスが崩れやすく、疲れ・だるさ・食欲不振などの症状がでるこ...
アドバイス

おやつについて④

これからの季節「さつまいも」がたくさん店頭に出てくる時期です。 「食物繊維」 食物繊維も豊富で便秘予防の整腸効果 血糖値上昇の抑制 血液中のコレステロール濃度の低下 「カリウム」 ナトリウムの排出促進作用つまり塩分の摂り...
アドバイス

おやつについて③

栄養価はほとんど期待できないおやつですが、不足しがちな栄養素を補うものとして活用しましょう。 カルシウムが豊富なヨーグルトとビタミンCが豊富なフルーツをおやつにすると、食物繊維不足の解消に役立ちます。 フルーツを乾燥させたドライ...
タイトルとURLをコピーしました