アドバイス

アドバイス

ダイエット①

私たちはいま、豊富な食べ物に囲まれ、移動には車やバスを利用し、通販やインターネットで注文した品物がはやければその日に届くといった便利な時代を生きています。 長い歴史を振り返ると今のような便利な時代は短く、私たちの身体は飢餓から命を守る...
アドバイス

睡眠と食事について

日本人は世界で最も睡眠時間が短いと言われています。特に、就労者や家事・育児の負担の多い女性は睡眠時間が短いです。 慢性的な睡眠不足は日中の眠気や意欲低下、記憶力の衰退等精神機能の低下を引き起こすだけでなく、体内のホルモン分泌などの自律...
アドバイス

免疫力について④

「免疫力について」の続きです。 6.睡眠をしっかりとりましょう 早めの睡眠をこころがけ、自律神経を整えましょう。短い睡眠は代謝が低くなりがちです。毎日6時間以上の睡眠をとりましょう。 心労などで眠れない時も身体を横にして休...
アドバイス

免疫力について③

「免疫力について」の続きです。 4.腸内環境を整えましょう 腸には身体の70%の免疫細胞が集中しており、病原菌やウイルスなどの有害物質を識別して排除しています。バランスの悪い食事や不規則な生活、ストレスは腸内環境の悪化を招きます...
アドバイス

免疫力について②

「免疫力について」の続きです。 3.身体を温めるものを食べましょう 食事の量が不十分ですと食事のエネルギーを熱に変えることができず、冷えの原因となってしまいます。1日三食、栄養バランスが整った食事を心がけましょう。 熱をつくる...
アドバイス

免疫力について①

寒さも続き、風邪をひきやすい、疲れやすいなど身体の不調を感じる方が増えています。風邪などのウイルスに負けない免疫力を高めたいです。 1.体温を上げて免疫力をアップしましょう 身体を守る免疫が一番働く理想の体温は36.5~37.0...
アドバイス

目の疲労回復に役立つ栄養素

ビタミンA 皮膚や粘膜の健康を維持するため、目の乾燥を防ぐ効果があります。油に溶けやすいビタミンのため、油を使って調理するとより効果的に取り入れることができます。 <例> にんじん、レバー、ほうれん草、紅サケ、卵黄 など ビタミ...
アドバイス

ドライアイ

ドライアイとは涙不足で目の表面が乾いた状態を指しますが、最近では涙を覆う粘膜の病気といわれています。 パソコンやスマートフォン等の画面の凝視で、まばたきをする回数が減ることで涙の量が少なくなったり、コンタクトレンズやエアコンの風で目の...
アドバイス

食物アレルギー③

食物アレルギーと向き合うために <代替の食品をみつける> 牛乳の代替品 豆乳・アーモンドミルク・ココナッツミルクなどが挙げられます。ヨーグルトやホイップクリームも豆乳から作られている食品もあります。 小麦粉の代替品 ...
アドバイス

食物アレルギーについて②

食物アレルギーと向き合うために <食品を購入する際は原材料を確認> 加工食品において特にアレルギーが発症しやすいものには「特定原材料」と呼ばれる7品目の表示が義務づけられています。特に包装されていない菓子やお惣菜といった小売店で売ら...
タイトルとURLをコピーしました